QRコードから Facebook アプリを起動する

バンドのフェイスブックページを作成したので、あわせて、バンドの名刺を作成しています。

フェイスブックページの URL も載せるのですが、URL を入力するのは面倒なので、一般的には、QR コードを別途置いている名刺も多いです。

バンドのフェイスブックページのURLは、

Lim-Poo : TALAS tribute band recognized by TALAS V2
Lim-Poo : TALAS tribute band recognized by TALAS V2 - 「いいね!」13件 - TALAS トリビュートバンド「 Lim-Poo 」の公式ページです。ライブ情報をはじめ、バンド関連の情報を提供していきます。

ですが、スマホのカメラアプリやQRコード読み取りアプリで実行すると、ブラウザアプリが立ち上がるんですよね。でも、フェイスブックやってるひとはほとんど、フェイスブックアプリを入れているので、そっちで開いてもらったほうが良いんですよね。

こんなことを考えてググってみると、こういう記事がありました。まさにこれです。

QRコードでスマホのFacebookアプリからFacebookページ(あるいはグループ)を開かせる方法|松本圭司|note
望む挙動 QRコードをスマホで読む→Facebookアプリで目的のFacebookページが開けばOK。 iOSとAndroid共に同じ動作になるようにせよ。 カスタムURL(URLスキーム)を使います 普通に『』とか、WebのURLをQRコードにすると、スマホで読み込んだ時にブラウザが起動して『ログインしてく...

まさに同じことが言及されています。助かる!
この記事によると、スマホでフェイスブックアプリを立ち上げるには、

fb://page?id=[ID]

のようなアドレスになるとのこと。しかも、このアドレス表記は、アンドロイドの場合、

fb://page/[ID]

となることが分かりました。同じURLが使えない!不便!

そういえば、iPhone版とアンドロイド版の2つのQRコードが載ってたりすることあったなあ。
こういうことだったのか。

でもなあ、同じ目的でQRコードを2つ載せるのはスマートではない!
ということで、もう少しググってみると、こういうツールもありました。

振り分けQR|QRコード作成【無料】QRのススメ
QRコードを無料で作成できるサイトです。携帯・スマホ・タブレットの振り分け機能付きQRコードです。商用利用も無期限・無制限で、EPS形式の生成も可能。初心者からプロまで簡単に使えます。

これは、機種(iPhoneかアンドロイドか)を認識したうえでそれぞれのアドレスに飛ばす機能が最初から入っているものです。で、これは無料版だと、直接飛ぶんじゃなくて、案内用のページが1枚入るみたいなんで、そこは残念ですね。。。

やはり、最初の記事のように、機種判定から自動で振り分けるコードを用意して、それを使うことにしました。これを実現する方法として、この記事のなかに firebase の話が出てきて、今まで知らなかったことなので、せっかくなので使ってみました。これはまた別の記事で。

タイトルとURLをコピーしました