CMOS電池交換でラップトップPCが起動するようになった! Lenovo ThinkPad X230

先日ブログに書いた、電源が立ち上がらないラップトップの件、進展がありました。

ラップトップ PC が壊れた?

もうほぼ諦めモードだったのですが、ふとしたきっかけで、こちらの記事を拝見しました。

Lenovo ThinkPad X230 CMOS電池交換と分解手順
中古のパソコンは1・2年前の機種なら問題なさそうですが、3~4年前、それより前の機種ですとCMOS電池(バックアップ電池)のトラブルが発生してもおかしくありません。CMOS電池はバックアップのバッテリーなのでとても重要です。部品のCMOS電

たまたま同じ x230 だったし、この cmos電池の問題で立ち上がらないということもあるか、ということで、ダメ元でこの記事にも書かれている交換電池をアマゾンで入手しました。

ラップトップの裏のネジをいくつか外し、キーボードをずらしてめくり上げて、パームレストもめくってみると、その cmos電池が両面テープで貼り付けてありました。すべてこちらの記事のとおり進めました。

元通りに組み立てて、いざ起動!

クロックのエラーになり、設定するには F1 を押せ、ということでした。でも F1 をいくら押しても反応しません。。。。。電源切ろうにも切れない。。。。仕方なくAC電源を外して、バッテリーも外して、強制的に電源を落としました。

再度ばらして状況チェック、、、、あ、キーボードのコネクタ端子が外れていました。最初にキーボードをめくったときに、端子が抜けてしまったようでした。このコネクタは、上から押し込んで入れるタイプなので抜けやすいかもしれません。

組み直して、再び起動、、同じエラー、でも F1 ボタンが反応して、システム設定に進めました。時間を設定して再起動!起動した!

ということで、今回、ラップトップが起動しない原因は、

cmos 電池が切れていた

ということのようです。

「CMOS電池」とは? - Lenovo Support JP
「CMOS電池」とは?

まあ、実際のところ、このラップトップ(Lenovo ThinkPad X230)も結構古いので、

一般に、cmos 電池が切れるほど長く使うことはほとんど想定されていない

ということですかね。まあとりあえず良かったです。
この記事が、将来の誰かの役に立てばいいですねえ。。

タイトルとURLをコピーしました