iPhone の機種変更は進化していた iPhone6sPlus -> iPhone8

久しぶりの機種変更作業

長らく iPhone 6s plus を使っていたのですが、機種変更しました。

といっても、移行先は最新の iphone ではなく、中古で買った iphone 8 です。ホントに、これで充分です。。

まえは plus だったので大きめ画面でしたが、今回は標準サイズ。ニベアはサイズ比較です。

移行に際しては、LINE は気をつけたほうがいいなと思っていたので、事前の対応はしておきました。

LINEあんぜん引き継ぎガイド|LINE
LINEアカウントをあんぜんに引き継ぐ方法をこちらでご案内しています。LINEの引き継ぎで困ったことがあれば、失敗する前にこちらをチェック!

結果的には、自動的に移行できたようで、特に手間はありませんでした。

二段階認証アプリでドハマリ

今回やらかしてしまったこととしては、二段階認証アプリ、Authenticator アプリというのを入れていたのですが、それが移行されず中身が消えてしまったことです。教訓は、

いろんなサービスで、二段階認証の設定時にバックアップコードなどの問題発生時回避策が提示されるが、それらはきちんと管理・保管しておきましょう。

ということです。登録時は、そんなことあまり考えないんですよね。

スマホ機種変のときは注意、2段階認証アプリの落とし穴と解決策
Androidの端末初期化時に2段階認証アプリの設定で少し大変な思いをしました。よくわからずに設定すると、後で大変なことになります。

新しいほうのスマホで、全てのアプリが正しく使えるということを確認するまでは、古いほうを初期化したりしないほうがいいのかもしれませんね。

iPhone 間のデータ移行はとても簡単になっている

iPhone 同士の移行で感心したのは、バックアップを介さず、直接転送できるようになったことです。

超簡単、iPhoneのデータ移行を「バックアップなし」で成功させる方法【iOS 12.4以降】
iPhone・iPadの新しいデータ移行方法では、iCloudやiTunesによるバックアップが不要です。本記事では、新しいデータ移行方法のメリット・デメリットや必要な準備、実際のデータ移行手順を画像付きでくわしく紹介します。機種変更時にとくに気をつけなければいけないLINEとSuicaの引き継ぎについても、しっかり理...

転送にかかる時間は、思ったほどではありませんでした(もちろん中身によるでしょうが)。ただ、転送自体が完了しても、新しいほうのスマホでは、アプリを更新するような動きがひたすら繰り返されるので、全てのアプリが使えるようになるには、もっと時間がかかります。

APN 設定も忘れず

データの移行はできても、APN設定まで持っていくわけではないようです。自宅だとWIFIにつながるので気づかなかったのですが、SIMカードを入れてデータ移行しただけで近所に出かけたところ、Docomo 4G でアンテナがフルに立っているにもかかわらずメールやラインなどが繋がらないという状況になりました。
よく考えたら、APN設定はしていませんでした。私の場合、LINE mobile を使っていますので、こちらの設定を行った結果、うまく繋がりました。

APN設定方法(iPhone・iPad)|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM
iPhone・iPadのAPN設定についてのページです。Wi-Fiに接続し、構成プロファイルをダウンロード。端末にインストールすると完了です。

まとめ

若干ハマりどころはありましたが、iOS間の移行は比較的簡単に行えます。普段使っているアプリのなかで移行時に問題ありそうものはきっちり抽出して対策しておきましょう。 

今回購入した iphone 8 は、イオシスというところのサイトで買った 2.5万くらいのものです。中古ですがとても綺麗で本体でした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました