Nutube とは何か?

最近知ったのですが、Nutube という新しいタイプの真空管があるようです。

Nutube 蛍光表示管技術を応用した新真空管
Nutubeは従来の真空管と同じく、アノード・グリッド・フィラメントの構造を持ち、完全な3極真空管として動作し、また従来の真空管と同様、真空管特有の豊かな倍音を生み出します。ノリタケ伊勢電子(株)の蛍光表示管の技術を応用することにより、その構造を工夫し、従来の真空管に比べ、大幅な省電力化、小型化、品質向上に成功しました...

小型、高信頼性、長寿命というのがうれしいですね。
私としては、ギターアンプにどう適用されるかに興味あるわけですが、Vox からはすでに発売されています。

MV50 Archives - Vox Amps
新真空管Nutubeを搭載!最小サイズにしてモンスター級のVOXサウンドを! ユニークすぎるヘッド・アンプMV50、新登場。 1957年の創立以来、VOXはAC30をはじめ、ユニークな製品を数多く生み出してきました。60周年となる2017年に登場のMV50は、その歴史に新たな1ページを加える革新的アンプと言えるでしょう...

むむ、このコンパクトさ、素晴らしい。パワーアンプ込みとは思えないですね。50Wで十分ですよ。
欲を言えば。。。チャンネル切り替えができて(フットスイッチが使えて)、エフェクトセンドリターンがあると良かったなあ。
このアンプだと歪みはアンプ側で作りたいし、でもクリーンチャンネルも使いたいし、空間系エフェクトは歪みの後ろに置きたいですしねえ。。。。プラス1万でもいいので、そういうバージョン作ってほしいな。

この他、ポータブルアンプへの適用などもあるようです。

次世代真空管「Nutube」を持ち歩く! KORGの“自作ポタアン”「Nu:tekt HA-S」【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】
ポータブルヘッドフォンアンプの略称である「ポタアン」は、高級ヘッドフォン・イヤフォンブームの波に乗って、いつの間にか市民権を得た単語である。フジヤエービック主催で春秋2回行なわれる「ヘッドフォン祭り」などのイベントでは、ヘッドフォン・イヤフォンだけでなく、多くの新作ポタアンも披露される。こうしたイベントの成功もまた、ポ...

個人的には、

もう真空管アンプなんかより、デジタルでいいでしょ!

というデジタル至上主義者なんですが、コンパクトで信頼性が高い(ブレがない)真空管なら、それはアリですよ!

こういった新しいテクノロジー、いいですね。注目していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました